2013年09月08日

ロイヤルカナン(ROYAL CANIN)歯垢・歯石が気になる猫用で虫歯を撃退!

ロイヤルカナン(ROYAL CANIN)歯垢・歯石が気になる猫用
007-1.JPG

猫の歯石を取り除かないでおくと、死の恐れがあるって知っていましたか

人間でも同じように歯垢や歯石がたまると歯が悪くなりますよね?
そうなると、猫の歯は欠けたり、穴があいたり、抜けたりするそうです。

うちの子は若いから大丈夫!
と私も思っていたのですが、なんと、乳歯が抜けた6ヶ月後には8割以上の猫が歯肉炎になっているそうです。

つまり、1歳からでも歯の病気になるということです。


歯石が付いていないのでわかりづらいのですが、人間でも6ヶ月も歯を磨かなければ歯の病気になりますよね…

動物の先生にそう言われて、歯磨きを心がけてください。
と言われても、素直に磨かせてくれないのが猫です(苦笑)


実は以前、一緒に人生を過ごしていた猫がいました。
8歳になる頃(こころは当時3歳)、歯石がひどくて治療を受けたことがありました。

私も治療するまで知らなかったのですが、猫の歯石を取る場合は全身麻酔をかけてから治療をするそうです。

この全身麻酔をしたことで、家の猫は一度、心臓が止まりました
なんとか息を吹き返したのですが、その後、元気がなく嘔吐や腹に水が溜まり、最後は肺に水が溜まって苦しんで亡くなりました。


8年間過ごしてきただけに、涙が止まりませんでした。
大人になって、あんなに叫んで泣いたのは自分でも驚きました。

どれだけ大切な存在だったか…
今、思い出しても涙が溢れてきます。


はじめにも書きましたが、歯の病気から死に至ることがあります。
歯の病気をあなどってはいけません。

私はこころ(猫)に何か良い方法はないかと調べていたところ、この「ロイヤルカナン(ROYAL CANIN)歯垢・歯石が気になる猫用」にたどり着きました。


美味しく食べれて、歯石が取れる!
これだ!と思いました。

健康診断で指摘された歯石も数週間で取れました。
口臭もほとんどなくなりました。

生後12ヶ月たてば食べられるので、私と同じ思い。
人生を長く過ごして欲しいと思う方に食べて頂きたいです。

そして、私と同じ辛い体験をして頂きたくないのが本音です。

粒の大きさは1~1.5cmと少し大きめで、食べるとおせんべいのようにパリパリとした音がします。
007-2.JPG

一気に食事を変えてしまうと食べなくなることがあるので、今、食べているキャットフードに少し混ぜながらあげるといい音をだして食べます(^ω^)

posted by こころ at 13:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。